UnityからVisual Studioが起動しない時の解決手順

UnityとVisualStudioの連携開発
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

Unity開発中にスクリプトをダブルクリックしたがVisual Studioが起動してこない、という事象があり、Unity自体やツールVisual Studio for Unityの再インストールでは解決できず、手順を探しました。今回は、UnityとVisual Studioを起動させる手順について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

最近Unityの勉強を始めました。UnityのC#スクリプトをダブルクリックすると、テキストエディタで開いてきます。初めは気にしないでいたのですが、やはりインテリセンスやエラー検知のお世話になりたいということで、連携方法を探しました。

解決手順

UnityからVisual Studioを起動させるには、下記手順を実行します。

  1. UnityとVisual Studio(Unity関連機能「Unityによるゲーム開発」含む)をインストールしておく。
  2. Unityを起動する。
  3. [Edit]-[Preferences]-[External Tools]を選択する。
  4. 右側の”External Script Editor”ドロップダウンで”Visual Studio…”を選択する。
    選択肢が無ければ、”Browse”から該当Visual Studioのインストールフォルダ内Common7/IDEフォルダからdevenv.exeを選択する。
  5. “Editor Attaching”がONであることを確認する。
  6. Preferencesダイアログを閉じる。

以上で設定は完了です。これで、UnityでC#スクリプトをクリックすれば、Visual Studioがエディタとして起動します。もちろんインテリセンスなども機能します。

まとめ

分かってしまえば何てことない事象の1つですが、初めての場合は中々気がつかないことが多いです。少しずつ勉強して、Unityを使いこなせるように成りたいと思っています。

以上、UnityからVisual Studioが起動しない時の解決手順でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開発
Tech WalkIt

コメント