iPhoneからWindowsパソコンへ!らくらくファイルコピー

Readdle社製アプリ「Documents」を利用すると、iPhoneとWindows PC間で簡単にファイルを送受信することができます。PC側には、アプリ不要でブラウザを操作するだけです。iPhone 8とWindows 10 PCでのファイル交換方法について、紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

iPhoneやiPadとMacとのファイル送受信は、AirDropを使っているユーザーが多いかと思います。が、iPhoneとWindows PC間のファイル交換では、AirDropほど簡単にはいきません。

私の現状では、OneDriveを経由していますが、ひと手間かかってしまいます。

今回紹介するアプリ「Documents」を用いれば、PCとiPhoneが直接通信し、PC側でのブラウザの一般的な操作(ファイルのダウンロードとアップロード)でファイルを送受信出来て、大変便利です。

アプリ「Documents」とは

Readdle社が開発したファイルマネージャーアプリです。直観的でファイルの整理がし易く、WindowsやAndroid環境と同じようにファイル移動・リネーム・zip圧縮等が可能です。メディアプレーヤーとしても重宝します。

アプリの評価はとても高く、73000超の評価数で4.6(2021/3月時点)をつけています。

その多機能アプリの1要素である、ファイル転送機能を今回は使用します。

アプリ「Documents」の使い方

準備

Documentsアプリでファイル転送用いるには、下記環境が必要です。

  • iPhone側
    App Storeから「Documents」をインストールします。
  • Windows側
    ブラウザがあればよいです。
  • 通信設定
    iPhoneとPCがWi-Fi(ローカルLAN)で通信できる環境を用意します。

接続

iPhoneとPCの接続手順を説明します。

まず、Documentsアプリを起動し、右下の[]ボタンをクリックします。

次に、[コンピュータ]をクリックします。

すると、ワンタイムパスワード的な数字が4桁表示されますので、これを確認します。

Windows PC側でブラウザを起動し、https://docstransfer.comにアクセスします。4桁の数字を求められるので、先ほどiPhoneに表示された数字を入力します。

接続に成功すると、PC側にはファイルやフォルダが、iPhone側は接続状態を示す画面に代わります。

接続を終了する場合は、上記画面の[接続解除]ボタンをクリックし、PCのブラウザを閉じます。

iPhoneからPCへ

iPhoneからPCへファイルを送るには、ブラウザ上のファイルを選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックします。普段のブラウジングと同じアクションで、iPhone内のファイルを入手することができます。複数のファイルを選択すると、zipにしてダウンロードされます。また、iPhone上のフォルダを指定することも可能です。

PCからiPhoneへ

PCからiPhoneへファイルを送るには、ブラウザ右上の[ファイルをアップロード]ボタンをクリックし、対象となるファイルを選択します。フォルダを指定したり、ファイルがzip化されることはありませんが、複数のファイルを一度に指定することが可能です。カレントのフォルダにファイルをアップロードすることができます。

まとめ

アプリ「Documents」を使用することで、これまで煩わしかったiPhone-Windows間のファイル転送も容易に実現することが可能です。ブラウザを使用しますが、操作感もレスポンスも秀逸です。是非、利用してみてください。

以上、簡単にiPhoneとWindows PC間でファイル交換する手順の紹介でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開発
Tech WalkIt

コメント