正式版リリース!.NET 5.0

.NET 5.0リリース開発
Microsoftからの画像

発表から1年半が経過し、遂に.NET 5.0が2020/11/10に正式リリースされました。
クロスプラットフォーム対応フレームワークで、.NET Core 3.0の後継バージョンです。
.NET 5.0について、簡単に紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

.NET 5.0について

.NET 5.0は、.NET Frameworkを吸収した.NET Coreの後継で、.NET FrameworkやXamarin等を1つの製品体系にまとめなおす第一弾のプロダクトです。主な変更点は以下です。

  • サポートに、X86やX64、MacOS/Linuxに加え、Armが登場
  • 言語系としては、C# 9.0、ASP.NET Core、EF CoreおよびF# 5がリリース
  • ランタイムやコンパイラパフォーマンスも向上

LTS版となる.NET 6.0は2022/11月リリースが予定されており、.NET 5.0のサポートはそのリリースの3ヶ月後までとなっています。XamarinやMonoの統合も.NET 6.0で対応予定です。

.NET 5.0の変更点詳細は、公式ブログに記載されています。

.NET Frameworkについては、4.8から新規機能の追加は行われていません。
なお、Visual Studio CodeのC#拡張機能は、.NET 5.0およびC# 9.0に対応済みです。
また、公式のDockerイメージは、.NET 5.0対応されていました。

.NET 5.0モジュール

.NET 5.0のランタイムおよびSDKは、.NETサイトからダウンロードできます。

Windows用SDKのインストーラーは、140MB程度です。
セットアップは簡単に完了します。

Visual Studio 2019

.NET 5.0に対応させるため、Visual Studio 2019に対してもアップデートモジュール16.8.0が公開されました。SDKインストール時にも注意事項の記載がありましたが、Visual Studioで.NET 5.0を利用する際には、この16.8以降が必要です。モジュールは、3GB超と表示されていますが…

適用時の.NET Frameworkと.NET Coreプロジェクトのサポート状況は、以下の様に.NET Coreで.NET 5.0が表示されています。

まとめ

.NET 5.0は今後の.NETの統合の第一歩です。今のうちからマイクロソフトの流儀に慣れておいて、.NET 6.0でリリースされてくるであろう、.NET MAUIやM1チップサポート時にスムーズに移行できるように使いこなしておきたいと思います。

以上、.NET 5.0の紹介でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開発
Tech WalkIt

コメント