Windows10のクリップボード履歴機能は超効率的

クリップボード履歴開発
Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

Windows10では、クリップボード領域に複数のデータを格納できるようになりました。リストから選択して貼り付けることができ、作業効率が格段にUPします。
もちろん、文字だけでなく、画像等も可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

文字や画像をコピー&ペーストする際、これまでは1データしかクリップボードの記憶領域に保存できなかったため、データごとにCtrlキー+CキーCtrlキー+Vキーを繰り返していたかと思います。
Windows10では、履歴として複数のデータをクリップ上に記憶できるため、キー操作を格段に減らすことが可能です。

設定

クリップボードの履歴機能を使用するためには、以下の機能をオンにする必要があります。
設定システムクリップボードクリップボードの履歴

使い方

データをコピーするには

データのコピーは、これまでと同じく、Ctrlキー+Cキーで行います。
文字だけでなく、クリップボードに格納できるデータならこれまで通り可能です。

データを貼り付けるには

データの貼り付けは、キー操作が変わります。Windowsキー+Vキーを使用します。
キーを押すと、クリップボードに格納されているデータがリスト表示されるので、希望するデータをクリックすると貼り付けられます。

アイテムメニュー

クリップボードリストのデータ横の・・・ボタンをクリックすることで、操作メニューを表示させることができます。

クリップボードデータを残しておくには

クリップボードデータを保護したい場合は、ピン留めするメニューをクリックします。
OSの再起動やクリップボードのクリア操作時でも、データを残すことができます。

クリップボードデータを消すには

クリップボードのリストを削除するには、削除メニューをクリックします。
空にしたい場合は、すべてクリアメニューをクリックします。
ピン止めされたデータは削除されません。削除したい場合は、ピン留めを解除します。

まとめ

クリップボードの履歴機能を用いることで、コピー&ペーストの作業が飛躍的に楽になるのではないかと思います。
是非、活用してみてください。

以上、Windows10のクリップボード履歴機能についてでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開発
Tech WalkIt

コメント